ヨーガはアーサナ(ポーズ)だけでなく、8つの柱から成り立っているのを、ご存知でしょうか♪

それをアシュタンガ・ヨーガといいます。

(ヨーガが好きで学んでいる方は、もちろんご存知だと思いますが。)

ふだん、親しんでいるアーサナも、最終的には、8番目のサマーディ(三昧、悟り)という目的地を辿り着くために、行っている、ということを、パタンジャリの教典【ヨーガスートラ】に記されています。

では、8つを解説します♪

八支則(アシュタンガ・ヨーガ)

ヤマ…禁戒(してはいけないこと)

1 アヒムサ/非暴力

肉体的な暴力だけでなく、言葉づかい、暴力的な感情も含む

2 サティヤ/誠実

自分にも人にも嘘をつかない、本質を見る目

3 アステヤ/不盗

盗まない、目や心でも盗まない

4 ブラフマチャルヤ/不淫

様々な欲に溺れない、エネルギーを正しく使う

5 アパリグラハ/不貪

むさぼらない、人と比べない、妬まない

二ヤマ…勧戒(すること)

1 シャウチャ/清浄

心と体、衣食住、において清浄にしておく

2 サントーシャ/知足

足るを知る。すでに与えられているものに満足する

3 タパ/苦行

鍛錬する。日々進化する。

(あえて苦行をする事で、願望達成を引き寄せるという意味もある)

4 スヴァディヤーヤ/聖典読誦

聖典、経典を学び、良い言葉を知り、生きる見本となるものを知る。

5 イーシュワラ・プラニダーナ/祈念

祈る、神や宇宙の創造主を信仰する、委ねる

アーサナ…ヨーガのポーズ

プラーナ ヤーマ…調気法

様々な呼吸法によって、宇宙の精妙な気(生命エネルギー)を体に取り入れ、循環させると、心の輝きを覆い隠している煩悩が消える。

プラティヤハーラ…感覚の制御

それまで外へ向けられていた感覚器官の働きを休ませ、意識を内へ向けていく段階。外の何にも囚われない心の自在さ。

ダーラナ…精神集中法

心をある一点にとどめて動かさない段階。(ダーラナからサマーディまでは、はっきり分割できない一連の心理的流れとなる。)

ひとつのテーマにイメージを集中する方法などを用います。(ロウソクの炎をじっと見つめたり、眉間に意識を持っていく方法)

ディヤーナ…静慮、瞑想

直感的映像や思考、理由のないひらめきや、洞察が起こる。

ヨーガスートラでは「その対象に対する想念が、ひとつの不断の流れになっているのがディヤーナ(静慮)である。」と記されています。

サマーディ…三昧、無、悟り、心の働きが何も無くなった状態、ひらめき、宇宙的啓示

自分個人だけの意識状態ではなく、宇宙意識とまじわったような状態。

ヨーガ・スートラでは、「真我がその周囲を取り巻いている自然的存在と自分とを混同していた過失に気づいて、その束縛から脱出することである」と説明しています。

例)自分が大いなる存在の一部であることにはっきり気づく、この世が迷妄であることにはっきり気づく、前世や来世が見える、今世生まれてきた役割が見える、など。

いかがでしたか?

サマーディ、一体どんな境地が待っているんでしょうね♪

ちょっと、味わってみたくなりませんでしたか?

心と体の健康効果はもちろん、さらに全人格的な進化へと、行き着くゴール地点がはっきり分かっているのが、ヨーガです。

ヨーガはいつも人生の進化の手助け、生きやすさ、を与えてくれるのです。

♡2月3月LOVE月間サロンのおすすめメニュー♡

【寝たまんまカップルヨガ】

【魅力あふれる女性になる催眠セラピー】

心、体、魂の総合健康

カウンセリング

ヒプノセラピー(催眠療法)

ヨガ哲学講座

ヨガセラピー

チベット体操レッスン

アーユルヴェーダ

サロンの雰囲気

これまでの活動が分かる写真

お客様のご感想